三年間使っている育毛剤

三年間使っている育毛剤

育毛剤はなんと三年間も使っています。

 

やめてはいけないと言われたのです。

 

薬局の店員さんに、やめたら効果は出てこないと言われていたのです。

 

だからやめる事は全く考えていませんでした。

 

それが正解だったのです。

 

だから今私は頭に自信を持っているのです。

 

以前たくさん持っていた帽子は、もうすべて捨てました。

 

帽子で頭を隠す事はしなくてもいいのです。

 

これからは堂々と、頭を出してもいいのです。

 

誰に笑われる事もないのです。

 

そんな自信の持てる頭になってきたのです。

 

薄かった頭頂部には髪の毛が生えてきました。

 

もう二度と生えてくる事はないだろうと思っていたのです。

 

でもちゃんと生えてきたのです。

 

その髪の毛が太く強くなってきました。

 

こんなにも立派になってきたのです。

 

だから私は今ではずっと笑顔になれているのです。

 

毎日鏡を見ています。

 

毎日鏡を見ては、生えてきた髪の毛を触っています。

 

そうしていたいのです。

 

若い時はちゃんとあった髪の毛が、みるみるなくなってきたのです。

 

それが今また生えてきたのです。

 

こんな嬉しい事はありません。

 

たった三年です。

 

三年使った育毛剤で、ここまで髪の毛が生えてきたのです。

 

これはとても喜ばしい事で、嬉しい事なのです。

頭皮の環境をサポートする育毛剤の役割

 

育毛剤にはすべての症状に効果のある万能なものはなかなかありません。

 

実際に利用する際には、自身の頭皮の状態に合わせて最も効果的な育毛剤をきちんと選択する必要性が出てきます。

 

頭皮の状態と利用する育毛剤がうまく合致すれば、驚くほどの育毛効果を期待することができますので、まずは最初に自身の頭皮の状態をクリニックなどで診察をしてもらうところから始めましょう。

 

頭皮の状態がわかったあとは、それぞれの頭皮の状態に対して利用できる育毛剤の種類を考えなくてはいけません。

 

具体的に、男性型脱毛症に対するもの、栄養不足によるもの、そして血行不良によるものの3つが考えられます。

 

男性型脱毛症に関しては、クリニックに行ってそれと判断された時に専用の育毛剤の処方が行われるので何も迷うことはありません。

 

問題は、自力で選択肢なくてはならない栄養不足や血行不良による薄毛の時です。

 

それぞれのタイプの育毛剤には各々の目的を満たすために必要な栄養分が含まれています。

 

アミノ酸であったり必須ミネラルであったり多くあります。

 

特に、栄養分が必要な場合には育毛シャンプーなどと混同しないように市場で販売されている製品を比較して自身の頭皮に必要な製品を選択するようにしましょう。